効率よく免許を取得するためのオススメの方法

自動車学校を一番早く卒業して運転免許を取得するコツ

それぞれの取得方法の特徴

免許を取得するには法律で定められた各過程をクリアし、指定の各試験や適性検査をパスしなければいけません。
これはごくわずかなケースである一発試験による取得を除いて適用され、教習所への通学でも免許合宿でも期間や費用の差はあれど、基本的には同じ過程で同じ試験や検査を受けることになります。
簡単な流れとしましては下記の通りです。
1教習所に入所する
2適性検査と基本的な交通ルールである学科1教程の授業を受ける
3第一段階の教習を受ける(学科は第2教程から10教程まで。技能はマニュアルの場合は最短15限、オートマの場合は12限)
4仮免許学科効果測定・技能修了検定・仮免許学科試験を全てクリアする
5仮免許が交付される
6第二段階の教習を受ける(学科は第11教程から26教程まで。技能はマニュアル・オートマともに19限)
7卒業前学科効果測定・技能卒業検定の双方をクリアする
8運転免許試験場にて行われる本免の学科試験をパスする
9合格者は写真撮影を行い、免許証が交付される
学科試験に関しましては教習所で受けるものは50問、本免試験では90問出題されいずれも90点以上の正解が必要になります。
合格率は近年上昇傾向にあり、70%ほどです。
また、本免試験は基本的に住民票の登録地で受けるので引っ越し経験のある方は必ず事前に住民票の確認をしておきましょう。
だいたいの人は上記の過程をおおよそ1~2ヶ月でクリアするのが標準であると言われていますが、より短期間で取得する方法も幾つか存在しています。

TOPへ戻る